血糖値を下げたりコントロールをした上手くしたコツ

知り合いの話ですが、やはり食事制限や運動がキーとなったそうです。

食事について

その方は基本的に濃い味を好んでいました。

なのでまず塩分を控えていくようにしていました。

その方の奥さんは最初から薄味にいきなり変えるとつらいだろうと思ったらしく、徐々に少しずつ、味付けに使う塩、醤油、味噌などを減らしていったそうです。

でも食事だから満足して欲しいと思い、自然の味を使って料理をしたそうです。

味噌汁なら煮干しや昆布から出汁をとって味噌を控えめにしたり、砂糖は控えて果物を使ったりなどしたそうです。

あとはお米やパンなどの炭水化物も減らしたそうです。

お米は少なくして玄米にしたり、白米の中にしらたき(糸こんにゃく)を細かく刻んだのを入れて一緒に炊いたりなどしたらしく、白米としらたきのご飯は好評でした。

そして本人は一日の男性の平均カロリーなどを守って、血糖値を下げる料理をしたとしてもカロリーや塩分、糖分が控えめなのを選んだりとしたそうです。

本人いわく、どうしても甘いものを食べたいときはゼロカロリーのゼリー、味の濃いものは我慢するのが辛いから自分のように徐々に薄くしていって舌を慣らすのが早いと思うと言っていました。

スポーツについて

スポーツについては、その方はあまり運動が得意ではなかったそうです。

なのでウォーキングと、プールのなかでのウォーキング、ストレッチなどをよくしたそうです。

ウォーキングでは愛犬と平日は夜に30分~1時間、休みの日には朝と夜にどちらも行くようにしていたそうです。

ウォーキングも歩く時間を慣れていったら徐々に増やすとしていたようです。

プールのなかでのウォーキングは、膝などの負担が軽いのに普通のウォーキングより運動量があってとてもいいと言ってました。

プールなら膝などの負担も少なく体には楽だったと言っていました。

ストレッチは本人は体の筋を柔らかくするためと言っていました。

運動すると筋を痛めたら元もこもないとのことでお風呂上がり、ウォーキング前などにしっかりとしたそうです。

他にも日頃の運動と言ってました。

例えばコンビニや少ない荷物で済むようなちょっとした買い物に行くときは徒歩や自転車でいったり、通勤で電車やバスでは座らずに立つようにしたりしたそうです。

と、私の知り合いの血糖値を下げたりコントロールする話です。

本人は『やっぱり一人では大変だけど、周りがサポートをしてくれたから頑張れたと思う』と言ってたので、私もそうだと思います。

下げたあとも維持をしていくのも血糖値を下げるコツとも言っていました。

Comments are closed.